岩井屋ブログ - 最新エントリー

角間温泉と林芙美子と高峰秀子

カテゴリ : 
岩井屋ブログ
執筆 : 
iwaiya 2011-1-9 21:41

岩井屋の年末年始休みを利用して、湯田中温泉郷の一つ「角間温泉」へ行ってきた。

しなの鉄道田中駅から電車に乗り長野で乗換え、地方では珍しい地下ホームから発車する長野電鉄特急「ゆけむり」で、終点湯田中までの約2時間弱の旅。「ゆけむり」は名車小田急ロマンスカーを長野電鉄が譲り受けた中古車両だ。車内まだ高級感がただよい、乗り心地良く、運転席が2階にあるため先頭車両の前席は展望席となっている。それは信州一押しの特急電車なのだ。特急料金100円で乗車できる車両は鉄道ファンでなくてもうなずける電車だ。

http://allabout.co.jp/gm/gc/63171/

 

湯田中温泉は大きな温泉街だが、そこから少し外れた所に角間温泉がある。まがい物の温泉がはびこる中、すべて温泉掛け流しである4・5件の温泉旅館と3箇所の外湯がある静かな温泉街だ。私はその中の「福島屋旅館」に宿をとった。この温泉街・宿もまた一押しなのだ。

http://www.kakumaonsen.jp/

 

角間温泉には「林芙美子文学館」があった。勉強不足の私は森光子の舞台劇「放浪記」の作者、尾道に住んでいたぐらいの知識しかなかった。電車の中から酒を呑んでいた私は、酔いが醒めた大晦日夕方にぶらっとそこへ出掛けた。年の瀬も年の瀬であるそんな時間帯にお邪魔した文学館だったが、ご自宅から館長さんが駆けつけていて開館していただいた。

http://www.geocities.jp/seppa06/0903/hayashi.html

林芙美子の生い立ちから47歳の若さでなくなるまで、角間で実際に林芙美子と出会った時の生活観あふれる話など、あっと言う間の1時間であった。最後に「浮雲」は最高傑作であり、遺作になってしまった本と、高峰秀子主演で作られた映画も最高とお話をいただき、その場で「浮雲」を購入してしまった。

 http://www.geocities.jp/yurikoariki/ukigumo.html

 

宿へ帰り、家族にはひんしゅくであったが「浮雲」の物語の面白いさに吸い込まれずっと読んでいた。紅白歌合戦が終わりニュース速報が流れた「高峰秀子さん逝く」。先ほど館長さんとお話をしたばかり・・・ショックだった。 

学生時代「坪井栄 二十四の瞳」を読み、その頃NHK教育で毎週放映されていた映画の中の高峰秀子主演「二十四の瞳」を観て感動した。5分おきぐらいに涙が出る映画だった。その舞台に憧れ、仲間とバイク(XT250T)http://members.jcom.home.ne.jp/mujirushi_soshina/xt250t.htmで小豆島まで行った。そこの島人は二十四の瞳に出てくる人たちのように親切な方々で、野宿の私たちを哀れに思ったのか公民館で宿泊させていただいた。そんな思い出があった。

http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/24.htm

http://www.youtube.com/watch?v=THI1Z1qVjXg

 

 

角間温泉を後にして、宿のご主人に地獄谷温泉まで案内していただき、湯田中駅から再び特急ゆけむりに乗車して帰路についた。

「浮雲」はそのに夜完読した。主人公ゆき子の生きざまと、私と同じ47歳でどうしてこんな文章が書けるのか?などと訳のわからない事を時々考えていた。しばらくは「浮雲」の余韻に悩まされていた。

 

そんな休みでしたが、既に岩井屋は始まっています。今年はは盛りだくさんの岩井屋。皆さんに助けていただきながら新たな事業展開をしていきます。

今年も宜しくお願い致します。

 

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3942)

兵庫県の猪名川町

カテゴリ : 
岩井屋ブログ
執筆 : 
iwaiya 2010-11-16 10:41
2010-11-12

兵庫県の猪名川町!?

町議さんの視察の問い合わせがありました。

聞いたことがないぞ。日本海側か?

調べました。ふうん能勢のそばなんだ。


 

小さい頃祖母に連れられ、阪急電車終点宝塚の一つ手前の清荒神駅で下車して時々荒神さんへ度々行きました。

阪急宝塚線の途中に川西能勢口駅があり、今は廃線の国鉄川西駅行きと、最近近代化された能勢方面へ行く能勢電車が出ていました。

ある時子ども心に、能勢ってどんな所だろう。能勢電車に乗ってみたい。そして一番は清荒神駅から清荒神本堂までの長い参道を歩くのが嫌。そんな理由で、一度祖母に「能勢行こう」と言った記憶があります。しかしお寺参りの大好きな祖母は「今日は荒神さんへ行くからアカン」と言われ、それっきりになっていました。そんな事で記憶に残ってました。

 

 

福井すみえ団長さん!?と議員さんたち15名ほどの方々がしなの鉄道でお見えになりました。

http://www.ric.hi-ho.ne.jp/taian-sumie/sub22nen.html

http://www.kubomunekazu.net/article/169235522.html#screen-blogbody

授産施設のお土産をいただき、懐かしい関西弁が響き渡り、いろいろな質問が飛び交い、楽しいひと時を過ごさせていただきました。私も大変勉強になりました。

 

こんな信州まで来ていただいて有難うございました。

皆様のご活躍を期待致します。

 

おまけ・・・その他に祖母とよく行った神社

・石切神社(石切さん)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%88%87%E5%89%A3%E7%AE%AD%E7%A5%9E%E7%A4%BE

 

・長岡天神http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B2%A1%E5%A4%A9%E6%BA%80%E5%AE%AE

・住吉大社(住吉さん)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E5%90%89%E5%A4%A7%E7%A4%BE

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2866)

好きです三軒茶屋

カテゴリ : 
岩井屋ブログ
執筆 : 
iwaiya 2010-10-20 22:40

今月も行って来ました。三軒茶屋栄通り商店街 野菜と果物を持って信州の田舎東御市から。

都内の渋滞にはまり、いつもより遅い11時の到着。お客様がシビレを切らし並んで待っていました。

有難い気持ちとヤバい!…

 

野菜高騰のあおりでほぼ1時で完売。リンゴとブドウだけが残ってしまいました。 美味しさをアピールし、試食を食べていただき、3時には完売。そして三軒茶屋を後にしました。 帰り道いつも迷ってしまう。三軒茶屋から練馬インターまでいつも違う道。携帯電話のナビで走ってるってのが間違いか!?誰か教えてくれ裏道。

 

数日過ぎ、こんなメールが入ってた。

 

 三軒茶屋に住んでいる、○○○と申します。いつも美味しい野菜と果物を育てくれて、そして、三軒茶屋まで来てくれて、本当に有り難うございます。家の娘は特に葡萄がすきです、私も、来月11月19日楽しみにしております。みなさん、ありがとう。

 

感謝 !!

感激 !!

感動 !!

 

来月も行きます三軒茶屋。とびっきりの野菜果物持って。

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1820)

第2回たなか元気まつり

カテゴリ : 
岩井屋ブログ
執筆 : 
iwaiya 2010-10-11 18:18

長野県の助成金「元気づくり支援金」により、第2回たなか元気まつりを開催しました。

 

昨年はタレント松野明美さんでしたが、今年は、富山県から「このゆびとーまれ」の理事長惣万佳代子さん、副理事の西村和美さんに来ていただき、基調講演とディスカッションをお願いしました。総合司会は、昨年同様SBC放送牛山アナでした。

講演では富山型デイサービスの立上げの苦労、共生型の長所などのお話をしていただきました。ディスカッションでは司会の大木ヒロシさんの快調なテンポにより、パネラーや住民の方からも活発なご意見が出され、あっという間の2時間。課題をたくさん残しましたが、やはり、現状を知っていただく事が大切。そして、少しづつでも高齢者・。障害者に対して、街が変化して行くことを願って今後に期待します。

 

北御牧中・東御清翔高校・ミニSL・商店街・野外ステージのゲストの方・移動動物園・三才山病院・岩井屋利用者家族等たくさんの方々にお世話になり、第2回たなか元気まつりを無事終えることができました。皆様には感謝です。

 

後片付けを終え、惣万さん・西村さん・かいご家さんのスタッフ・牛山さんたちと、打ち上げをしました。富山型デイサービスをしている私にとって、惣万さん・西村さんは雲の上の存在でした。しかし、それがとっても身近な存在に・・・・・。

さすが富山の方であり、お二人は酒豪でした。かいご家の松本さんもかなりです。とても楽しい時を過ごさせて頂きました。今度は、岩井屋のスタッフと富山へ行きます。一升瓶を持って。

 

 《お世話になった方々》

野外ステージ

・東御市立北御牧中学校ブラスバンド部さん

・東御市消防団音楽隊さん

・大道芸モン太郎さん

・馬場勇一さん(ミュージシャン)

・キャンパスアニメーションTOMOYAARTさん

・大道芸ピエロようへいさん(バルーンアート)

・卵奏さん(ミュージシャン)

・ピフさん(フルート演奏)

・カレー屋さん飛び入りバンド

パネラー

・惣万佳代子さん・西村和美さん(このゆびとーまれ)

・松本徳弥さん(かいご家)

・永井久子さん(三才山鹿湯病院)

・柳沢さん・竹花真由美さん(プラス1)

・田中区長柳沢さん

・市議長越さん

・大木ヒロシさん(ジャイロコンサルティング)

・会場の方々

ボランティア

・東御清翔高校ボランティア部と卒業生赤岡さん

・長野大学ボランティア蓬田さん

・岩井屋のボラ横関さん・小宮山さん

・田中の街の方々

・岩井屋利用者さんのご家族の皆さん

司会

・牛山美耶子さん(SBC放送アナウンサー)

福祉・病院・行政

・プラス1さん(ダウン症お子様のパネル展示)

・三才山病院療養介護さん(授産品売り出し)

・アイワークさん

・とんぼハウスさん(授産品)

・クロスロードさん(授産品)

・東御市福祉課さん(何でも相談)

出店

・ウインピーさん(レストラン)

・木村屋さん(パン屋)

・珈琲屋さん(喫茶店)とそのお客さん

・カレー屋さん(軽食屋)

・味の里とうみ(食品加工)

・アクセサリーの小林さん

・とっかん屋の宇治野さん

その他

・ミニSLの柳沢千秋さん

・移動動物園さん

・田中商店街の皆さん

・アクテックさん(音響)

 

その他たくさんの皆様に助けていただきました。

本当に有難うございました。

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2532)

東京のカレー屋さん「RED BOOK」

カテゴリ : 
岩井屋ブログ
執筆 : 
iwaiya 2010-7-13 15:51

東京に行きました。

新幹線のドアが開き、東京駅のホームに降りたとたん、蒸し暑くて汗が噴出しました。汗を止める事が出来ず、この中で1日仕事をしなくてはならないと思うと、やんなっちゃいました。

仕事のひとつは、岩井屋障害者グループホームを開設する為の準備です。もう一つは、岩井屋農園が野菜を納めているレストランを訪問することです。

東急東横線中目黒駅から歩いて5分ぐらいの場所にある「カフェ・レッドブック」。木戸を開けると、室内には真っ赤な机と椅子そしてカウンターがあり、テーブルは4っ程。ランチタイムだったので、ビジネスマンや若い女性の姿がみられ、ほぼ満席でした。ランチはカレーが中心のメニュー。おすすめのチキンカレーをお願いしました。サラダには玉ねぎドレッシングがのせられ、岩井屋の玉ねぎらしいものが・・・。

しばらくすると、「レッドブック」のオーナーである素敵な女性が現れました。今までは電話だけでの注文でしたので、今回初めてお顔を拝見できました。私と違い、とても上品でセンスの良いな方。いろいろなお話を伺い、カレーの中に岩井屋玉ねぎがたっぷり溶け込んでいるのだと聞きました。現在ケータリングを始められ、ロケ先などへ配達されるとの事です。

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

この前は岩井屋農園の野菜が、大女優「大地真央」さんの口に入ったそうです。ヒイェ〜これは岩井屋にとって大事件です。早速、朝礼で報告しなきゃ。

 

「カフェ・レッドブック」さんへは、今度はお酒を飲みに夜、お伺いします。

お忙しいところ、有難うございました。

http://www.caferedbook.com/

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2639)
 
 
 
岩井屋とは?
理念・法人概要
事業所案内
岩井屋農園
ボランティア
紹介されました
リンク
お問い合わせ

自己評価表の公開

外部評価

電子公告

岩井屋採用情報

富山型デイサービス岩井屋カレンダー

富山型デイサービス

富山型デイサービス岩井屋BLOG

富山型デイサービス岩井屋アルバム

富山型デイサービス岩井屋農園