岩井屋ブログ - 最新エントリー

東京からお客様

カテゴリ : 
岩井屋ブログ
執筆 : 
iwaiya 2010-4-2 21:50

本日、東京からの来客。外食産業の社長夫妻。

社長さんは30代という若さで、都心8店舗・横浜1店舗の居酒屋やレストランを経営されている。きっと凄腕の方だと思う。

 

とても話しやすい方だった。まだ2回しかお会いしていないが、親近感が湧いた。九州から上京され、下積み生活20年。そこからの創業。「俺は馬鹿だ」謙遜されていた。じゃあ俺なんて大馬鹿に変人が付く。こんな大馬鹿変人の経営する岩井屋農園に興味を持たれ、東京からど田舎の東御市まで来ていただいた。とても有難いことだ。

社長の店舗に岩井屋農園の食材が受け入れていただけたら、一生懸命働いている障害者の働く意欲にますます磨きがかかると思う。「俺たちの野菜が東京のレストランのお皿にならんでる。長野じゃないんだぜ。なんたって東京だぜ」って。

 

とても良いお話をいただいたので、是非とも実現させたい。

安定した品質、安定した供給ができるように岩井屋農園 頑張ります。 

 

http://www.e-encourage.com/pc/

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1713)

さよなら6300系

カテゴリ : 
岩井屋ブログ
執筆 : 
iwaiya 2010-3-20 10:41

阪急京都線特急6300系が引退した。一部車両はは8両から4両編成になり、ドア付近はロングシート化され、ローカルな嵐山線で余生を送ることになったらしい。特急料金不要の車両には珍しい「ブルーリボン賞」を受賞した。そんな輝かしい車両だ。

 

小学生の頃、私は阪急千里線沿線淀川のほとり柴島に住んでいた。当時は大阪万博に沸き、それが一段落した頃6300系衝撃のデビューだったと記憶する。2800系に比べ連結側に寄せられた2ドアオールクロスシート。車内広告は少なく、阪急伝統の木目調室内にグリーンのシートで落ち着いた車内。ピカピカマルーン色の車両が大阪京都をほぼノンスットップで快走した。

いつも京都へ行くときには、淡路で乗り換え河原町まで急行で行くが、「6300系京都河原町行特急」に乗車する為、わざわざ遠回りをして始発の梅田まで行ったことを覚えている。

http://atamatote.blog119.fc2.com/blog-category-30.html

 http://atamatote.blog119.fc2.com/blog-entry-220.html

阪急大阪梅田は私鉄最大ターミナルで、周辺には阪急三番街など順々に形成され、阪急村ができている。阪急の実質創設者である「小林一三氏」が編み出した、私鉄ターミナルにドッキングされた阪急百貨店。梅田からは小林発案の宝塚歌劇団へは一直線。阪急が開発した高級住宅街芦屋をすり抜け、神戸三宮へも出ている。この経営モデルは今でも私鉄の基本になっている。東急創設者「五島慶太氏」も阪急を手本にしている。五島氏の出身地は岩井屋から車で30分程の青木村だ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E4%B8%80%E4%B8%89

 

櫛型ホームの梅田駅には9本の標準軌線路があり、6300系は1号線から発車。「特急京都河原町行きただいま発車致します」の独特のアナウンスにより扉が閉まる。新淀川の三複線の鉄橋を渡り、十三に停車。ここから四条大宮まで止まらない。上新庄を過ぎたあたりから、ぐんぐん速度を上げ、いつの間にか110キロ。クロスシートには座らず、運転台すぐ後ろにかぶり付き。茨木・高槻を通過し、新幹線や東海道線と並走する。桂辺りから速度をゆるめ、地下へ突入。そして四条大宮・四条烏丸・終点京都河原町。約40分の小旅行が終わる。

 

今は置き換えられた9300系3ドアクロスシートの京都線特急が走る。JRに対抗する為、停車駅はかつての急行なみになった。最近のダイヤ改正ではJR新快速の130キロに及ばないが、115キロにスピードアップされた。

しかし、私はまだ本物9300系の知らない。信州から大阪はやっぱり遠い。まだ柴島に実家が残っている。そこだけはタイムスリップしたように子供頃のまんま。仕事に余裕ができたら大阪へ行きたい。幾度か大阪へ帰り、阪急のマルーンの車両を見ると「ああ大阪へ来た」と感じたものだ。もう一度そんな気持ちになってみたい。

 

おめでとう阪急電車100周年。がんばれ阪急。

 

岩井屋は5周年。阪急のように皆様に愛される岩井屋になります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E6%80%A56300%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A

http://www.youtube.com/watch?v=f2zFqDOSw2k&NR=1

http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022801000618.html

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3409)

岩井屋農園近況

カテゴリ : 
岩井屋ブログ
執筆 : 
iwaiya 2009-11-30 12:53

季節は一足跳びに冬ですねー

皆様のおかげをもちまして、過日、岩井屋農園、三軒茶屋直売所での二度目の販売も無事、盛況のうちにおわらせていただきました。
当日の様子などはまたあらためてご紹介いたします。
今年はこれが最後の販売となりますが、当地の野菜など、かの地ではその評判望外の上々にて、リピーターの方なども多く、農業にたずさわったスタッフ一同、ある種の達成感とともに、さらにやりがいを感じております。来年は毎月一回程度に回数をふやして引き続き行っていければと思っております。
今回は岩井屋農園の作業風景 のほんの一部をご紹介します。
左側のリンク「徒然写真館」からもご覧いただけます。
奇怪な生物 も発見!!
なんでしょうか?
現在は屋外での農作業は一段落で、ハウス内での作業が主になっています。
ハウスの中はこの季節でもぽかぽかと暖かく、農業スタッフ以外の利用者の皆様も足を運ばれ、屋内とはまた一風変わった趣きにニコニコと楽しそうにされています。

岩井屋の一日の様子や行事など、ホームページのほうも徐々にですが充実させてまいりますので気長に見守っていただければと思っております。

寒さ厳しき折、皆様御身体第一にてお過ごしいただきたく。まずはご挨拶まで。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1662)

岩井屋ブログスタート

カテゴリ : 
岩井屋ブログ
執筆 : 
iwaiya 2009-11-30 12:53

岩井屋ブログスタートヾ(@°▽°@)ノ

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1716)
 
 
 
岩井屋とは?
理念・法人概要
事業所案内
岩井屋農園
ボランティア
紹介されました
リンク
お問い合わせ

外部評価

岩井屋採用情報

富山型デイサービス岩井屋カレンダー

富山型デイサービス

富山型デイサービス岩井屋BLOG

富山型デイサービス岩井屋アルバム

富山型デイサービス岩井屋農園