岩井屋がとりいれている「富山型(共生型)」デイサービスについて

 

富山県では、高齢者介護施設に障害のあるかたや、お子様を一緒にデイサービスとして受け入れる試みが全国に先駆けて実施され、その後、介護保険導入前に最初に富山県が支援して、同様な施設がひろがりました。そして今、そういった施設が全国にどんどん広がっていることから、いわゆる「富山型(共生型)デイサービス」といわれるようになり、非常に注目を集めています。

富山県において民間の先駆的な事業者が始めたサービスで、高齢者、知的障害者、身体障害者、それから児童、その中には障害児のかたも含まれ、健常児も含まれています。障害の種別や年齢の壁をこえてひとつの事業所でケアをするデイサービスが全国からの注目される「富山型(共生型)」です

宅幼老所岩井屋では「富山型(共生型)デイサービス」 そして岩井屋農園では「障害者就労支援」富山型(共生型)の延長として、中高年介護保険者のアドバイスにより、障害者が農業に携わっています。障害者の働く場所として、介護保険の方の生きがいの場としての農園です。 

岩井屋の外部評価について

参考となるPDFがダウンロードできます。
見学の感想 北海道虻田郡豊浦町から見学に来られた山下明子様です。
この方も保育士です。起業を夢見て見学に来られました。遠くからですが応援しています。
地域社会と宅老所 八戸学院大学ビジネス学部 講師斉藤綾美
普通が番難しい! 宅日本政策金融公庫 国民生活事業ソーシャルビジネス事例集
一緒にいきいき 市民病院と共に地域医療を語る会
在宅介護者への支援をめぐる課題と可能性 高崎経済大学地域政策学部 S氏による卒論
富山型デイサービス 富山型デイサービスの聖地富山県北日本新聞社様からの取材がありました。
「やわらかな手」を読んで 岩井屋利用者家族から頂いた感想

「普通の暮らし」ってなんでしょう?

簡単には説明できないですよね。 みんなそれぞれの「普通」があるから。岩井屋はご利用いただく方やそのご家族の皆様に、自分らしく、誇りや生きがいをもって日々を送るお手伝いをしたいとおもっています。 岩井屋は、介護保険を使われるお年寄りの方だけの施設ではありません。障害を持った方だけが利用されるところともちがいます。近所のお家や商店から孤立した特別な場所でもありません。 3世代以上の年齢差のある利用者のみなさまが同じ空間で過ごされます。小規模な事業所ですが、その利点を活かして、ご利用になる方のご希望になるべく沿う介護を心がけています。 岩井屋の介護保険・障害があるご利用者さんのなかには、他の施設では満足できない、なじめなかったなど、他施設に行く事が出来ない方もいらっしゃいます。岩井屋では、一般的な通所介護以外に、普通の施設ではあまり行われない、介護保険の方・障害者・障害児・乳幼児といった多様なご利用者さん同士の交流、また商店街内にある施設という立地条件を活かした外出や行事参加などや、農作業を通してなどのご支援もさせていただいております。また、ボランティアさんの手もお借りして、必要である方は出来る限り個別対応に心掛けております。例えば、農業知識のあるおとしよりが農業指導、若い知的障害のある方が作業をすることで農産物を作り、販売しています。同じ空間に障害者と高齢者がいることにより、それぞれが介護する側と介護される側に分かれて、お互いに助け合うという状況も生まれています。このことが、今まで無かった新たな出会いや自分自身の再発見など、利用される方のこころとからだを前向きにするケースもあるようです。また、気軽に買い物、銀行、レストラン、カフェ、散髪等に外出することにより、結果的にデイサービスご利用が生活の一部・機能訓練となっております。 また、09年度より、いろいろな方々や行政のご協力のもと、「田中げんき祭り」を開催し、楽しみながら、福祉について知っていただく機会になったり、みんなにやさしい町つくりのための活動をすすめています。

 

いま、岩井屋ではこんな皆様にご利用いただいています

高次脳機能障害の50代・70代の方

若年性アルツハイマー40代前半、60代の方

ピック病[60代半ばの方

レックリングハウゼン病(公費対象の難病)の60代の方 ●認知症状がない60代前半の片麻痺の方(車椅子使用)

●認知症状がない90代前半の方、80代後半の方 ●緑内障でほぼ全盲の70代後半の方

●知的障害など障害のある介護保険認定の方

●その他数名の認知症の方

筋ジストロフィー鹿教湯病院さんにご協力をいただいております。

レッシュ ナイハン症候群リフトによる入浴と精神的安定の為、学生ボラを配置。

 

脳性まひ身体の障害があるが、オシャベリが上手なので読み聞かせなどをしている。

重症心身障害ボランティアでの外出、訪問介護などに協力していただいております。

自閉症 岩井屋が落ち着ける空間のようです。

ダウン症 高齢者との関係が良好です。

アスペルガー症候群パソコンなど出来る事をしています。

●先天性ろう者 農作業でリーダーとして働いています。

統合失調症 農作業で活き活き活動されています。

●お母さんが要介護4・お子様が障害者の二人でのご利用  

自閉症スペクトラムのお子様 佐久病院の発達外来、市の保健師さん、小学校、上田市のいずみ園など、各方面の皆様と連携して、アドバイスやご協力をいただきながら、サポートさせていただいています。

プラダー・ウイリー症候群ご家族や他の事業所と連絡を絶やさず、食事などについてはご本人やご家族と充分にお話をさせていただきながらご利用いただいております。

 

*ぜひ一度岩井屋に足を運んでいただいて、介護に関すること、設備や対応のこと、なんでもお気軽にご相談ください。(無料お試しもあります)ご利用者の皆様や見学においでいただいた方の忌憚のないご意見が、岩井屋をより活気のある快適な場所にするための一番の源です。 NPO法人普通の暮らし研究所宅幼老所岩井屋 岩井屋農園 TEL0268-64-1439 FAX0268-75-1387 Email:kurashi@iwaiya.org

 
 
 
岩井屋とは?
理念・法人概要
事業所案内
岩井屋農園
ボランティア
紹介されました
リンク
お問い合わせ

外部評価

岩井屋採用情報

富山型デイサービス岩井屋カレンダー

富山型デイサービス

富山型デイサービス岩井屋BLOG

富山型デイサービス岩井屋アルバム

富山型デイサービス岩井屋農園